人気の薬剤師になるには将来設計をしっかりと見据える必要がある

薬剤師の求人の増加原因

薬剤師は薬学系の大学を卒業後、薬剤師国家試験に合格して得ることができるのです。
薬剤師になると就職先としては、病院の薬局、国家公務員、製薬会社が主な就職先なのですが、最近はドラッグストアに就職するケースもあります。
昔から、給与が安定しており、世間の景気に左右されないことから非常に人気があります。
しかし、人気があるからといって誰しもできる仕事ではありません。
医師、弁護士のように困難な国家資格を修得する必要があります。

薬剤師の人気が近年非常に上がっております。

それは、調剤薬局の増加、ドラッグストアの増加にあります。
自分で薬局を開いてもドラッグストアの品揃えにはかないませんおので開業することはありません。
大病院を中心に医薬分業が進み、病院から薬局が無くなって病院の周囲に2、3つの調剤薬局ができているのです。
大病院だけでなく、中小の病院、個人病院の外にも調剤薬局ができているのです。
そのため、薬剤師の求人が増加して、人気が上がっているのです。

薬剤師を目指すなら薬科大学などの大学を目指すべし

このような就職事情を受けて、将来薬剤師を目指すのであれば、薬学を学べる薬科大学に入学をしなければなりません。
これは薬剤師の資格試験でもある受験資格の中の一つに薬科大学を卒業した者とあるからなのです。
普通の大学を卒業しても、試験を受けるために資格を得る事が出来ないため薬科大学を目指さなければならないのです。
薬剤師となれば、病院の薬局やドラッグストアなどの調剤業務や治験、そして製薬メーカーなどでの就職を行う事が可能となります。

もちろん将来はどうなるかわかりません。
そのため薬剤師の資格を持っていても異なる職業に就く可能性も大きくなるのではないでしょうか。
皆さんには未来を見据えた将来設計をお願いしたいと思います。